ワイヤード・パンチ

元・大阪人が、岡山の山奥でも生きていけることを証明するためのブログ。

SST-ML08の縦置きスタンドの取り付け方。

自作PCのケースにSILVERSTONEの「SST-ML08」を使用していますが、横向きにすると片面の通気口が床で塞がれてしまい発熱するので、結局は縦向きに戻すことになりました。ただ、縦向きだと接地面が小さく不安定なので、スタンドを取り付けたかったのですが、その方法がすぐにわかりませんでした。

広告

いいかげんな説明書。

最初の写真の手前にあるものが、ケースに付属していた縦置きスタンドとなります。しかし、一目見ただけでケースの横幅より狭いのがわかります。それなのに、どうやって取り付けろというのか。

PCケース組み立ての際にほとんどの人が見るであろう取扱説明書、それの該当ページを読んでみるも、1ページ内に日本語だけでなく多数の言語が書かれているうえに、内容が薄いです。「スタンドを取り付けてください。」と言った程度しか書かれていません。その取り付け方がわからないのに。

スタンドをスライドさせれば良いのかと思って動かそうとしても動かないし、かといって裏に何かスイッチなどがあるのかと思って触ってみても何も変わらないし、このままお手上げでしょうか。

取り付け方。

実はかなり簡単に取り付けできました。まず、両端の突起をそれぞれの手で掴んで、外側におもいっきりひっぱります。(上の写真は、片方の手でカメラを持っているため、片手だけでスタンドを掴まざるを得ませんでしたが。)

すると、スタンドが真っ二つに分かれます。

真っ二つになったスタンドを裏返し、溝をちゃんと合わせて再度結合させます。

そのまま内側に寄せていきますが、完全に閉め切るとまた真っ二つにしないといけません。途中でひっかかる点があるはずなので、そこで止めればちょうどケースの横幅と同じ広さになります。

そして幅があったスタンドを、ケースにはめれば完成です。これで多少ぐらついても、倒れる心配はないでしょう。

わかってしまえばものすごく単純な構造なのですが、これを説明書の記載不足と言うべきか、ぼくの理解力不足というべきなのか。

余談。

今回は「SST-ML08」として説明しましたが、同社の「SST-RVZ02」も前面以外は同じデザインなので、共通して使えるはずです。