ワイヤード・パンチ

元・大阪人が、岡山の山奥でも生きていけることを証明するためのブログ。

Tumblrでイラストブログを作るなら、わざわざTwitter cardを自作しなくても大丈夫。

image

この度、イラスト専用のブログも立ち上げました。本ブログ最下部にあるナビゲーションから「増刊号」をクリックすることで移動できます。(現在は閉鎖済み)それはさておき、本ブログはテキスト中心であり、Twitter cardを設定するのにだいぶ苦労したのですが、イラストブログの場合ならそんな苦労をする必要はありませんでした。

広告

Tumblrが勝手に作ってくれる。

Tumblrは本来、Twitter cardを自動的に生成してくれる仕様のはずです。しかし、トップページが開かれているときには自動生成されていたのですが、なぜか個別記事を開いたときには、自動生成されていなかったのです。ページを開いてソースコードを見ても、TWITTER TAGSと書かれている部分はありませんでした。テーマによる影響でもなく、ただ「test」とだけ書かれた記事でも生成されなかったので、内容の問題でもなさそうです。よって、以前はcardを自作せざるを得なかったのです。

ところが、以前作ったTwitter cardのコードは、投稿タイプから「テキスト」を選んだ場合にしか対応しませんでした。

上記は以前のコードを元にして、イラスト用に改変してみたものです。本文の抜粋を表すtwitter:descriptionには、イラストのキャプションを示す独自タグ{Caption}を入れてみたのですが、実際に記事を表示させてみても、なぜか空になってしまい、cardを出力できませんでした。

でも、本当はこんなコード、書く必要はありませんでした。TumblrはTwitter cardを自動生成するという仕様を思い出したので、試しに上記のコードをいったん取っ払ってみて、再度イラストの個別記事を開いてみました。すると、自作のコードがないにも関わらず、投稿タイプが「画像」の記事では、Tumblrが自動的にTwitter cardのコードを出力してくれました。

つまり、TumblrによるTwitter cardの自動生成は、投稿タイプが「テキスト」以外のときだけ対応していると言えます。なぜ「テキスト」だけ対応していないのかは、わかりませんが…。

あとから気づいたのですが、{caption}は、{block:Posts}{/block:Posts} で囲む必要があったかもしれません。試す間なく、もう自作のコードを入れる必要はなくなりましたが。

余談。

「大阪脱出計画 増刊号」というタイトルの由来ですが、「別館」はありがちかなと思っただけです。それだけ。

…というだけでは寂しすぎますので、もう少し詳細に書くと、「別」だとなんとなく、あっちに行ってろという冷たい感じがするかなと思ったからです。また、本ブログと関連性のあるブログということを、わかりやすくしておこうという考えも。とは言っても、もはやあちらは「大阪脱出」とは全く関係ない内容になっているのですが、全く違うタイトルにしてしまうと、ぼく自身から見てもぼくのブログなのかどうかはっきりしないし、他に良いタイトルもないので、このままにしておきます。