ワイヤード・パンチ

「TuneFab Apple Music変換ソフト」レビュー。Apple Musicの曲をMP3などに変換できる。

Apple Musicで購入した音楽データは、通常だとiTunes上で再生することになります。

ローカルにダウンロードすることも可能ではあるのですが、拡張子がm4aというものになるため、用途が限られるかもしれません。

また、他のソフトを使って別の拡張子に変換しようにも、まずはiTunesからm4aでダウンロードしないといけないという、手間が発生することには変わりありません。

そこで今回は、Apple Musicにある曲をすぐに他の拡張子でダウンロードできる、「TuneFab Apple Music変換ソフト」という、名前からして非常にわかりやすいソフトを使ってみたいと思います。

なお、今回曲データを保有しているのはApple Musicという名前ではありますが、Windowsの端末を使っていても問題なく利用できます。

ソフトのダウンロード先について。

Apple Music変換、iTunes音楽変換、MP3に変換ソフト – TuneFab Apple Music変換ソフト

上記リンクから「無料体験」を押すと、すぐにダウンロードできます。

WindowsかMac、使用しているOSの方を選びましょう。

すでに購入済みであっても、起動後にシリアルコードを入力する画面があるので、無料体験からで構いません。

Apple Music変換ソフト、 Spotify音楽変換ソフト- TuneFab

なお、今回のソフト含め、TuneFabシリーズの公式サイトは上記となります。

今回使用するのはApple Music対応のものですが、Spotifyに対応したものもあるようです。

Apple端末を所有していない人なら、むしろSpotifyの方を多く利用するのではないでしょうか。

起動時の挙動について。

本ソフトを起動すると、iTunesも一緒に起動されます。

変換中、バックグラウンドでiTunesが自動操作されることになるので、終了するまでiTunesは触らないでおきましょう。

なお、iTunesがインストールされていないと、本ソフトは起動することができません。

その場合は、まずインストールしましょう。

Windows10を使用中の場合は、タスクバーの検索ボタンから「store」と入力してストアを起動し、そこからiTunesを手に入れましょう。

変換の手順について。

本ソフトを起動してしばらく待っていると、プレイリストの更新が終わり、所有しているすべての曲が表示されます。

左のプレイリスト、あるいは右上の検索ボックスから、変換したい曲を絞り込みしましょう。

絞り込みできたら、変換したい曲のチェックをオンにして、画面下の拡張子や音質、保存場所の設定の変更を行いましょう。

拡張子は、定番のMP3以外にも、CDと同様に無劣化と言われているFLACなども選択できます。

また、出力フォルダについてですが、アルバム名と同じフォルダが自動生成されたりはしないので、デスクトップに大量の曲を変換するときなどは注意。

設定に問題がなければ、そのまま右下の変換ボタンを押しましょう。

あとは、全曲の変換が終わるまで待ちましょう。

1曲だいたい20秒ほどでしょうか。

iTunesにおけるダウンロードと違って、複数同時ではなく1曲ずつの変換となります。気長に待ちましょう。

また、このときiTunesの方ではシークバーが勝手に動いています。触らないように。

変換後、保存先のフォルダを開いてみると、ちゃんと選択した拡張子で曲データが出来上がっています。

なお、すべての変換が終わるまで待たなくても、変換が済んだ曲からすぐに再生可能であります。

あとは思う存分、好きなソフトで聞きまくりましょう。

参考サイト

【必見】手軽にApple MusicのDRMを解除する方法

簡単にApple Musicの音楽をMP3に変換する方法

本ソフトの詳しい仕様については、こちらのサイトもご覧ください。

DRMの解除機能もあり。

iTunesからダウンロードした曲は、Fairplay DRMという保護機能がかかっているそうです。

そのDRMがあると、iTunesおよびAppleの端末以外では再生不可になるそうです。

しかし、今回の本ソフトの動作確認のために、Apple Musicから新しい曲を購入したのですが、発売したばかりの曲であるにも関わらず、とくにDRMがかかっている様子は見られませんでした。

iTunesからダウンロードしたm4aをMPC-BEで再生できましたし、Apple関連に一切ログインしていないAndroid端末やRaspberry Piに移動させても再生できました。

でも、どちらにしろいったんm4aとしてダウンロードしたり、わざわざ別の変換用ソフトを用意する手間をかけることなく、欲しい曲すべてをMP3やFLACに変換してダウンロードできるのは、便利だと言えます。

もし仮に、急にm4aの方にDRMが付加されたとしても、変換済みのMP3などの方だと、そのようなことにはならないでしょう。

電車で音楽を聞いていて、電波の通じないトンネル内に入ったときに、もし認証を求められたらたまったものではないので、そのときにDRMなしの曲データは必須と言えます。

とくに、私の住まいは田舎であるため、大都会に出向くときは必ずトンネルに入ることになります…。

そのとき、ゲームにしろブラウザにしろ、ネットを要求するものが全く使えなくなって暇なので、こういうときに音楽を聴くのは良いですね。

手順のまとめ。

  • iTunesと一緒に起動される。
  • 変換したい曲を絞り込んで、チェックを入れる。
  • 拡張子や音質などの設定をして、変換ボタンを押す。
  • ただただ待つ。
  • 出来上がり。

これだけ!至ってシンプル!

全くもって余談。

ラブライブサンシャイン、アニメはもうすでに完結しているのに、今もほぼ毎日と言えるくらい新しい話題が出てくるのは、改めて考えるとすごい…。

新曲、ゲームの方でのストーリー、グッズ、ラジオなどなど…。

私も何かしら、毎日退屈させないほどのコンテンツを提供できる立場になれたらいいな。(言うだけタダ)