ワイヤード・パンチ

元・大阪人が、岡山の山奥でも生きていけることを証明するためのブログ。

TwitterでRTしたあとに引用RTも行う方法。

Twitterではリツイートの種類として、通常のリツイートと引用リツイートがあります。(以下RT)

引用RTは、URLを貼り付けたツイートと同じことになるので、RTボタンはそのままになります。

一方でRT後にまたRTボタンを押すと、RTの取り消ししか表示されなくなるので、このままでは引用RTが行えません。

広告

リツイートと引用リツイートの両方やりたい。

RTしたくなるツイートを見たとき、RT数にも加算してあげたいし、コメントもつけたいということもあるでしょう。

でも引用RTだと、元ツイートのRT数には含まれません。

一方で、通常のRTのあとに、それに対するツイートを投稿しても、傍から見ればつながりがあるかどうか、わからない場合もあります。

特に、他の人も付近で同じツイートをRTしていた場合、何度も同じツイートは表示されないので、順番が意図したとおりにならないことがあります。

というわけで、RTもしたくてコメントもしたい場合、先に引用RTすればRTボタンはそのままなので、そのあとに通常のRTをすることができます。

しかし、先に通常のRTをしてしまった場合は…?

RTを取り消すのもなんだか申し訳ないって思うこともあるでしょう。

ツイートURLをコピーすれば解決。

先にRTしてしまったあとで引用RTもしたい場合は、そのツイートのURLをコピーして、ツイート入力欄にURLを貼り付けてからツイートすれば、引用RTしたことと同じになります。

元のツイートのURLをコピーするには、PCの場合はブラウザのURL欄からさっさとコピーすればいいだけ。

でも、サイト上からやりたい場合や、スマホアプリからやりたい場合は?

ツイート右上にある下向きの不等号のようなアイコンを押すと、メニューが現れます。

その中から「ツイートへのリンクをコピー」を選べば、ツイートのURLをコピーすることができます。

あとは、投稿ツイートにそのURLを貼り付けて、ツイートすれば完了です。

これで引用RTしたことと同じになります。

なお、引用RTと同じ扱いなので、元ツイートのユーザにはちゃんと、引用RTされたことが通知されます。

余談。

ツイートを削除したあとポップアップが表示されるのですが、そのポップアップが入力欄を隠してしまう…。

修正してすぐに投稿したくても、そのポップアップが邪魔で…。

なんとかしてくれません?