ワイヤード・パンチ

WebTablet FB Pluginが2つあるけど消していいの?

wacomのタブレット「intuos pro」を所有しているのですが、それのドライバをインストールすると、「WebTablet FB Plugin 32 bit」と「WebTablet FB Plugin 64 bit」というものもインストールされてしまいました。何で同じようなものが2つ?

広告

これは何者?

WebPlugin リリースノート | WDN ワコムの技術情報提供サイト

上記サイトに詳しい説明が書かれていました。しかし、なんだか長々と書いているうえに、技術的な話も混じっているため、パッと見で概要が掴めません。でも、おそらくブラウザ上でペンタブを使ったWEBアプリを作るために必要なものだと思われます。

ただ、開発に関わらない立場からして、32bitと64bit、両方のドライバは必要になるのでしょうか。現在、64bitのPCを使用中であり、そもそも32bitなんてもう廃れていく一方なので、32bitはいらない気がします。また、ブラウザ上でペンタブが必要な場面を見たことがありません。(これから増えるのでしょうけど。)

片方消してみる。

同じようなものが2つ並んでいるのもすっきりしないので、いっそ削除してみます。ペンタブ使用可なサイトを知らないので、削除後にデスクトップ上で問題ないか確認してみます。

ドライバの削除は、コントロールパネルの「プログラムと機能」から簡単に行えます。特に難しい選択肢もないので、すぐに終わります。

そして32bit側ドライバを削除後、いつも使っている「Corel Painter X3」を起動し、ペンタブの動作を確認します。

すると、いつもどおり問題なく使用することができました。ペンの強弱も思いのままです。

とはいえ、ドライバには「WebTablet」と名前が入っているので、デスクトップ上では全くテストにはならないかもしれませんが、いちおう問題は無かったということで。

余談。

まったく違う話になりますが、最初の写真にも写っているとおり、steamで「Taimumari」というゲームを買ってみました。ドット絵の横スクロールアクションであることと、安かったこと、主人公がかわいらしかったのが理由。白色猫耳ボインちゃんな魔法使い。

剣を振り回したり、ビームを撃ったり、2段ジャンプしたり、空中ダッシュしたりなど、簡単な操作なのにできることは多彩かつ操作性も軽快で、まだ数十分しかプレイしていないものの、第一印象はとても良い感じです。

でも、日本語がないのでストーリーが全くわからないのが残念。キャラクタデザインも日本受けしそうなのに、もったいない。