ワイヤード・パンチ

Win10起動時にいつもMicrosoft IMEになってしまうときの対処法。

会社で使用しているPCは、もともとWindows7でしたが、Windows10にアップグレードしました。Windows7だったときから、デフォルトで使用する文字入力はGoogle日本語入力を選択していましたが、なぜかWindows7から10に上げてから、PC起動時に毎回Microsoft IMEに戻ってしまいます。これの対処法について。

広告

勝手にMicrosoftをデフォルトにさせないための手順。

コントロールパネルから「言語」を選びます。

各言語の入力方式の一覧が開かれますが、日本のパソコンならたいていは日本語だけのはず。Google日本語入力もインストールされているはずなのに、その日本語の入力方式として、なぜかMicrosoft IMEしか表示されていない状態になっていました。日本語の「オプション」へと進みましょう。

オプションに入っても、やはりMicrosoft IMEだけの状態です。一つしか表示されていないので、削除はできません。次は「入力方式の追加」へ進みます。

こちらの入力方式の追加の画面では、無事にGoogle日本語入力が存在しています。「Google日本語入力」をクリックして選択状態にし、「追加」ボタンを押して前の画面に戻ります。

前の画面に戻り、入力方式が二つになったので、片方は削除できる状態になりました。Mircosoft IMEの削除を行って、Google日本語入力だけが存在する状態にしてから、「保存」ボタンを押して完了します。

これで、タスクバーから入力方式切り替えのアイコンは消滅し、Google日本語入力の文字種アイコンだけとなりました。そして肝心のPC起動時ですが、もうMicrosoft IMEが勝手に選択されていることはなくなりました。Google日本語入力しか選びようがないので、Google日本語入力がデフォルトの状態です。

そもそもの原因は?

Windows8.1から10にアップグレードした自宅PCではこのような現象は無かったのですが、Windows7から10にアップグレードした会社PCにだけ、今回の現象が発生しました。
また、自宅PCと会社PCともにWindows10ではあるものの、エディションに違いがあり、自宅PCの場合はPro、会社PCはHomeです。(普通、逆じゃないのか。)

他にも自宅PCの方が圧倒的にスペックが高いなど、いろいろと環境の差はあるのですが、原因は結局わからずじまいです。とりあえず、みなさまももし同じ現象にお困りであれば、コントロールパネルの言語を覗いてみてください。

他にも、会社PCではGoogle日本語入力を使用しているとき、Windowsアプリやタスクバーの検索で全く日本語入力を受け付けず、こちらは解決法が全くの不明で困ってます。その一方で、自宅PCではGoogle日本語入力にしていても問題なく日本語が使えます。(このとき変換候補のウインドウの形が、なぜかいつもと違うのですが、普段からよく入力する言葉が出るので、Google日本語入力のままであることは間違いないはず。)