ワイヤード・パンチ

元・大阪人が、岡山の山奥でも生きていけることを証明するためのブログ。

Windows10「このフォルダーを変更するには、Everyone からアクセス許可を得る必要があります。」の対処法。

Windows10そのものをインストールしているのはCドライブですが、データ保存用に別のSSDをDドライブとして搭載しています。

そのDドライブ内に、容量が大きいけど使うことのないフォルダがあったので、削除をしようと思いました。

しかし、管理者権限のあるユーザでログインしているにも関わらず、上記のようなメッセージが表示されて削除できないのです。

広告

フォルダの所有者を変更できないか?

まず初めに載せたメッセージが出て来る前に、上記の「このフォルダーを削除するには管理者の権限が必要です」というメッセージが出てきます。

UACは無効化していないので、それはそれでいいのですが、WindowsフォルダでもProgram Filesでもないのにこれを聞かれるのは、ちょっと奇妙。

でも気にせず実行を進めてみたら、初めに載せた「このフォルダーを変更するには、Everyone からアクセス許可を得る必要があります。」が出たというわけ。

いくら再試行を繰り返しても、先には進めません。

もしや何らかの処理により、フォルダの所有者が変わってしまったのでしょうか。

そこで、フォルダの所有者を変更するために、フォルダを右クリックしてプロパティを開き、「セキュリティ」タブから所有者の変更を行おうと思いました。

しかし、プロパティを開いてみても、「セキュリティ」タブが存在しないため、所有者を変更することができません

なお、タブが存在しない理由としては、NTFSではなくexFATでフォーマットしているからだそうな。

なぜexFATでフォーマットしたかというと、同じドライブをUbuntuでも利用できるようにするため

そもそも、今ログインしているユーザは、本当に管理者権限があるのでしょうか。

タスクバーの検索ボックスに「netplwiz」と入力します。

ユーザアカウントの設定画面を開きましたが、ちゃんと「Administrators」が与えられていました

別のOSが影響していた。

先程も書いたように、削除しようと思っているフォルダは、Ubuntuでも使うためにexFATでフォーマットしたドライブに入れています。

そして、今回削除しようと思っているフォルダの名前は「Dropbox」。

Windows側ではDropboxをすでにアンインストールしているものの、Ubuntu側は長らく触っていないため、どういう状況だったかわからない。

もしやUbuntuにDropboxがインストールされたままであるため、Windows側から削除できないのでしょうか。

そこでWindowsを終了させてUbuntuを起動してみたところ、Dropboxがインストールされたままでした。

よって、Ubuntu側からDropboxのアンインストールを行ったあと、Ubuntuに居る間にフォルダを削除したところ、Windowsでもきれいさっぱり削除されており、解決となりました。

今後もし同じような状況になった場合、複数のOSで共有しているドライブ内に削除できないフォルダがあった場合、どちらかのOSにインストールされているアプリが影響していると言えるでしょう。