ワイヤード・パンチ

Windows10でIE11を再インストールする方法。

Internet Explorerなんて古いブラウザ、早く使うのをやめてほしいところですが、Windowsに標準でインストールされている以上、なかなかなくなってくれません。

仕事のうえでどうしてもIE11に対応する必要がでてきたため、ジャマだからアンインストールしていたIEを、またインストールし直すハメになりました。

Windows10の場合はコントロールパネルパネルから行えるはずなのですが、なぜかどこを探し回っても見当たりません。

広告

従来の再インストール方法。

Windows7までだったら、Microsoftの公式サイトから、インストーラーをダウンロードできます。

Windows10からインストーラーを実行した場合、すでに最新のIEがインストールされていると表示されて、インストールすることができません。

それ以外の再インストール方法としては、まずコントロールパネルの「プログラムと機能」を開きます。

画面左にシールドマークがついた「Windows の機能の有効化または無効化」を選びます。

ここからインストールしたりアンインストールする、Windows標準搭載のアプリを選べるのですが、いくら探してもなぜかIEが見つかりません

もしかして、Windows10の度重なるアップデートにより、本当にIEが消えてしまったのでしょうか?

一目で分かる、各Windows OSでのInternet Explorerのサポート終了時期:Tech TIPS – @IT

でも、上記サイトによると、Windows10におけるIE11のサポート期限は、2025年10月まで

ぶっちゃけ早く切り捨ててMicrosoft自身も楽になってほしいところですが、まだ切り捨てるつもりはないようです。

だから、現時点でIE11がWindows10から完全消滅したとは考えづらいです。

  • C:\Program Files\internet explorer
  • C:\Program Files (x86)\internet explorer

エクスプローラーから上記のパスを開いてみると、IEが無効化されている状態でも、32bit版と64bit版ともに存在しています。

やはり、消えてはないようです。

でも、無効化している状態なので、exeファイルをダブルクリックしても、うんともすんとも言いません

それじゃあ、どうやって有効化すれば?

新しい再インストール方法。

従来のコントロールパネルではなく、Windows10特有の「設定」にある、「アプリと機能」から辿っていくことで解決しました。

最短でアクセスするには、まずスタートボタンを右クリックして、開かれるメニューから「アプリと機能」をクリックします。

ウインドウが開いたら、一番上からちょっと下のところにある「オプション機能の管理」をクリック。

画面が切り替わったら、「機能を追加」をクリック。

その中にIE11があるはずなので、インストール後にOSを再起動します。

これで無事に、IE11が復活するでしょう。タスクバーの検索窓からでも探し出すことができます。

見たくもなかったIEと、また会うハメになるとは…。

余談。

最初に貼った写真は、当サイトをIE11から表示した様子です。

本来ならPCで表示したとき、ウインドウ幅によって3カラムになったり2カラムになったりするのですが、IE11だと必ず1カラムになってしまいます。

IE11が、display:gridに対応していないせいです。

また、カテゴリ名の横などにもアイコンをつけているのですが、beforeのcontentにSVG画像を使うことができないようです。

このように、制作がもっと楽になるコードや、拡大しても荒くならない画像を、古いブラウザでは全然使えません。

制作側と閲覧側、ともに良いことがないので、IEを使ってる人は早く、ChromeかFirefoxに乗り換えてください。

インストールするくらい、全く労力にはならないはずです。IE対応のコードを書くほうが、圧倒的に無駄な労力です。

なお、Windows10ではEdgeという、IEよりも新しい標準搭載ブラウザがあるのですが、EdgeではbeforeのcontentにSVGを使うことだけが、なぜか対応していませんでした。

Edgeもまだまだ実用には足らないですね…。