ワイヤード・パンチ

元・大阪人が、岡山の山奥でも生きていけることを証明するためのブログ。

Windows10のスリープが勝手に解除される原因が掴めずに困ってる。

Windows10を起動中のPCをスリープモードにさせると、何も触っていないにも関わらず、勝手にスリープから復帰してしまう現象に悩まされています。

イベントビューワーを見ればその原因を掴めるはずなのですが、解除元を調べてみても「不明」…。

それでも原因となるものがないか探してみたのですが、あらゆる手段を試しても解決には至りませんでした。

広告

今回試した手段。

スリープ解除元が不明な場合の対処について、ネットで調べて出てきたものを片っ端から試したのですが、解決にはならず。

ただ、これらが原因ではないということだけは判明したので、試した手段を記載しておきます。

マウスやキーボードからスリープ解除が有効になっていないか。

スリープ解除元が不明なときに見る箇所の定番。

デバイスマネージャーを開いて、その中にあるすべてのマウスやキーボードのプロパティを開きます。

すべてのデバイスのプロパティを開いてみたのですが、「このデバイスで、コンピュータのスタンバイ状態を解除できるようにする」にチェックが入っているものはありませんでした。

ネットワークアダプタの状態はどうか。

同じくデバイスマネージャーから、今度はネットワークアダプターの一覧を開きます。

それぞれのプロパティを開いて、「電源の管理」タブがある場合、「電力の節約のために、コンピュータでこのデバイスの電源をオフにできるようにする」がオフになっているかどうか確認します。

今回の場合、この項目があるデバイスすべてがオンになっていたので、オフにしてからスリープしてみたのですが、それでもすぐにスリープ解除されてしまい、解決にはなりませんでした。

「デバイスをオフにするため、いったんスリープを解除する」ということをしているのではと思ったのですが、的外れだったようです。

Realtek PCIe GBE Family Controllerの設定を確認する。

ネットワークアダプタのうち、このデバイスだけプロパティを開いたときに、「詳細設定」というタブがありました。

その設定のうち、「Wake on Magic Packet」および「Wake on pattern match」という項目の値が「Enabled」、つまり有効になっていました。

どうやらネットワークからPCのスリープ解除を有効にするための値だそうで、もしやこれのせいではと思って、値を「Disabled」、つまり無効に切り替えました。

そして再度スリープさせますが…すぐに勝手に復帰。解決には至りません。

電源オプションを確認する。

電源オプションの中にも、スリープに関する設定があります。

まずは現在使っているプランのすぐ横にある「プラン設定の変更」という青い文字をクリック。

続けて、「詳細な電源設定の変更」をクリック。

プロパティが開いたら、「スリープ」→「スリープ解除タイマーの許可」を開いてみるのですが、すでに無効になっていたので、これも原因ではないもよう。

コマンドプロンプトから一気に確認する。

先程までは該当しそうなデバイスを1つ1つ開いたりして確認していましたが、コマンドプロンプトなら一気に状態を確認できます。

まずはタスクバーの検索ボックスに「cmd」と入力します。

コマンドプロンプトが表示されるので、それをそのまま起動せず、右クリックメニューから「管理者権限で実行」を行います。

そして、下記のコマンドを1行ずつ実行します。

powercfg /lastwake
powercfg -devicequery wake_armed
powercfg -waketimers

上から順に、下記のような処理を行うコマンドとなっています。

  • 最近スリープ解除された回数と、その原因を表示。
  • スリープ解除することが可能なデバイスを表示。
  • タスクスケジューラに、スリープ解除するタスクが存在するか。

しかし結果は、上の写真のとおり、該当するものは全くありませんでした。

なお、写真ではスリープ解除回数が0となっていますが、当時の状況だと1でした。

そして、0ではない場合、原因も表示されるはずですが、残念ながら何も出てきませんでした。

ここまでやって原因がわからないなんて、もはや打つ手なしでしょうか?

いつ頃から発生してる?そのとき何をやっていた?

スリープ解除現象は前々から起こっているのではなく、最近になって目立ってきたように思います。

そして最近やり始めたことと言えば、当ブログにかつて掲載していた記事の復旧作業。

その理由はまた別の記事にしますが、仮想環境にインストールしたwordpress内に、過去の記事のバックアップが存在しており、そこから掘り返す作業をしていました。

そして仮想環境は、VirtualBoxとvagrantとvccwで構成されています。

仮想環境を実行したままPCをスリープしたのが、勝手に復帰する原因となるのでしょうか?

もしやと思って、仮想環境を終了させたあとにスリープさせて、何十分か様子を見てみると…。

なんと勝手に復帰しませんでした。

ただ、仮想環境を構成するアプリのうち、どれが原因かまでは、まだ判明できていません。

とはいえ、これにより仮想環境に原因がある可能性が高まってきました。

ところが、次にまた仮想環境を起動したままスリープさせてしまったのですが、今度はなんとそれでも勝手に復帰しませんでした。

結局、原因はわからずじまいです。