ワイヤード・パンチ

元・大阪人が、岡山の山奥でも生きていけることを証明するためのブログ。

Windows7起動時、検索ボックスが大量に出てくる。(未解決)

岡山の山奥に引っ越してからしばらくのこと、新しい家の近所の人から、パソコンの調子がおかしいから見てほしいと頼まれて、確認してみることに。そのパソコンでWindows7が起動したとたん、上の写真のようなウインドウが大量に現れるという現象が起きました。何とか解決する方法がないか探してみましたが…。

広告

謎のウインドウ。

上の写真はエクスプローラのもののようですが、いきなり検索の状態となっており、ウインドウのタイトルには「検索結果」、ウインドウの内部には「検索するには、検索ボックスに入力してください」と書かれています。

起動したばかりで検索するつもりはないのに、なんでこのようなウインドウが何十個も現れるのでしょうか。それぞれのウインドウの×ボタンをひたすらクリックしてジャマなウインドウを閉じていきますが、本当に数が多いため時間がかかります。Alt+F4の連打でなんとか全ウインドウを閉じれましたが、このあとも何かしらの操作をしたときに、また同様のウインドウが現れることがありました。非常に厄介で、作業になりません。

スタートアップを確認。

まず真っ先にチェックしたのは、スタートメニューの中にあるスタートアップのフォルダの中身。もしやこの中に、検索ボックスを大量に開くようなショートカットがあるのではと思ったのですが、特に怪しいものはなし。文字入力のATOKのショートカットが1つあるだけでした。

ウイルスがあるか確認。

先ほどのATOKといい、メーカ製パソコンであるおかげが、パソコンに詳しくない人が持っているパソコンにも関わらず、アプリがやけに充実しています。

運良くノートンもインストールされていたため、それでウイルスが仕込まれていないか完全スキャンをかけてみましたが、全く引っかからず。もちろん最新版にアップデートしてからスキャンしましたが、それでもなしです。

無料のウイルス対策ソフトよりも強力なはずなので、ノートンでも見つからないとなると、ウイルスである恐れはほとんどないとも言えます。

セーフモードでも確認。

不具合が起きた時に原因を突き止めやすいのがセーフモード。必要最低限の構成でWindowsを起動することになるので、セーフモードを使っている間に原因を見つけ出そうとしました。

しかし、恐ろしいことにセーフモードでも起動時に検索ボックスが大量に現れてしまいました。起動中のプロセスやサービスの一覧を見ても、Windowsに必要なもの以外は実行されていなかったため、その最低限必要なものに何かあったということなのでしょうか。

また、通常時でもセーフモード時でも、検索候補のプルダウンが勝手に開かれていますが、その表示は激しく点滅していたりと、やけに乱れています。

msconfigを確認。

すみませんm(_ _)mパソコンを起動した時に勝手にエクスプロー… – Yahoo!知恵袋

質問サイトをいろいろ見ていると、上記サイトのように同様の現象が発生した人が過去にも何人か居たようです。

まず上記サイトを参考にmsconfigを開きましたが、怪しいサービスは見つからず、そもそもセーフモードでも不具合が発生するので、解決になりませんでした。

USB機器を抜き差しする。

勝手に検索画面が立ち上がる | Windows VistaのQ&A【OKWAVE】

もう1つ質問を見てみると、フォルダーオプションから「入力した項目をビューで選択する」にチェックを入れたらいいとあるのでそのとおりにしようと思ったのですが、すでにその設定になっていたので、今回の解決にはなりません。

でもその直後に、質問者のコメントに気になる文があり、「USB機器を抜き差しすれば直った」とありました。まさかと思って、起動中にUSB機器を抜いて、抜けた状態で再起動をやってみましたが、やっぱり検索ボックスが現れてしまうことは変わらず。

ただ、初めは何十個も表示されていて数えきれなかった検索ボックスも、USB抜き差し後は3個だったり5個だったりと、なぜか検索ボックスが減りました。でも数は一定しません。

東芝製にのみ起こる現象?

キーを押してないのに検索ボックス、検索ツールバーが出てくる最… – Yahoo!知恵袋

最後に見た質問では、使っているパソコンが「TOSHIBA dynabook EX / 56LWK」であると書かれています。ぼくが今回触ったパソコンも、型番は異なるものの同じく東芝製の「TOSHIBA dynabook T552/47FBS」でした。質問者と状況が近いかもしれません。いわゆるメーカ製パソコンというものです。

さらに、BIOS画面後にOSが1つしかないのになぜかデュアルブート画面が出てくることも一致しています。ただ、質問者と違って「オペレーティングシステムの一覧を表示する時間」のチェックを外してもデュアルブートの画面が出続けるので、さらに状況が悪いと言えるでしょうか。

そして肝心の検索ボックスが大量に出てくることについてですが、回答者によるとキーボードの割り当てが変わってしまい、レジストリの変更が必要になるとのこと。しかし、レジストリを編集するのは危険と言うだけであって、レジストリをどこをどう直せば良いという指示は何もありません。よって、これ以上は手の施しようがありません。

結局どうした?

今回の現象について某フォーラムにも聞いてみましたが、ノートンを使ったと書いたにも関わらず別のウイルス検索を提案されたり、キーボードに物理的にゴミが挟まっているのではなど、あまりアテにならない回答ばかり。キー入力はいつもどおり効いているので、物理的な故障とは言い難いです。

というわけでお手上げです。パソコンの持ち主の判断で、購入先の店舗からメーカにパソコンを送って、修理をお願いすることにしました。修理というと物理的な故障だけ対応するような印象であるうえに、今回はシステム的な異常なので、はたしてメーカが直してくれるかどうかは不明ですが、修理を依頼できるだけまだマシと言えるでしょう。

メーカ製パソコンと言えば、いらないアプリばかりあるせいで動作が遅いうえに高いので、無駄ばっかりというイメージしかありませんでした。でも、店舗で相談できる点だけは、パソコンに詳しくない人にとって頼もしいと言える、メーカ製パソコンの利点かもしれません。以前の記事にも書いたように、スマホの格安SIMもスマホの扱いに慣れない人にとっては仕組みが理解できないようでした。

ぼくが使っているパソコンはいわゆる自作PCなので、パーツ単位で物理的に壊れたら保証はしてくれるでしょうけど、さすがにシステム的におかしくなったら自分でどうにかしないといけません。