ワイヤード・パンチ

Youtubeに4Kかつ60FPSで動画をアップロードしていこう。

以前YoutubeにアップロードしたCoD:BO3の動画ですが、動画そのものは4Kの60FPSで録画していました。しかし実際にアップロードしてみると1080p60、つまりフルHDの60FPSまでしか画質選択できなかったのです。ところが後日、同じ動画で再度画質選択をクリックすると、いつの間にか2160p60、つまり4Kの60FPSが選択可能になっていました。

広告

アップロード直後だけ4Kにできない。

アップロードした日は、「4Kは30FPSまでしかアップロードできない。60FPSでアップロードするとフルHDになってしまう。」という記事を目にしていたため、てっきりそのせいで4Kが選択不可だと思っていたのです。でもその記事は去年初めのものだったので、情報が古いのです。その記事が立てられてから今日までの間に、4Kかつ60FPSの動画のアップロードに正式に対応したのかもしれません。

でも、正式に対応したといっても、おそらくアップロード直後は見えないところで何らかの処理をしていると思われるので、4Kが選択できないのでしょう。その間だけはフルHDまでで我慢しなければいけません。アップロード後はおとなしく、時間が経つのを待ちましょう。

4Kを観る際は時間帯に注意?

せっかく4Kで動画を再生できるようになったのに、いざ画質変更してみても、全く読み込みが進まないことがありました。フルHDと比較するとサイズは2倍なので、読み込みに時間がかかるのもわかるのですが、それでもかかりすぎです。でも、そのときはみんな仕事帰りで家に居るであろう夜だったので、それも影響していたのかもしれません。朝に同じ動画を4Kにしてみたところ、初めだけは数秒待たされましたが、あとは読み込みと再生がほぼ追いついている状態で4Kを観ることができました。(でも肝心の動画そのものはゲーム中の画質設定を落としているせいで、キレイに見えない。)

ネットのプロパイダはIIJmioひかりを使用しているのですが、フレッツと比較して格安ということもあってか人気が出てきて、使用者が増えたために回線への負担が大きくなったのでしょうか。でもIIJmioの回線はフレッツの流用なので、フレッツ自体が遅くなっているという恐れも。夜になるとネット使用者が増えるのに加えて、一番の原因は人の多い大阪だからかもしれません。動画に限らず、サイズの大きいファイルのダウンロードでも、朝はすんなり終わるのに、夜は何十分も待たされたり。もう、ほんと大阪いやだ。

それはさておき、仮に4Kで再生が厳しくても、画質設定でフルHDなどに落とすことは可能なので、4K動画をアップロードすることは無駄ではありません。4Kで録画できる環境があれば、積極的に4Kで撮っていくべきでしょう。

e=”clear: left”>